FC2ブログ

    自由の女神の足の裏

    ロックだ!競馬だ!旅だ!映画だ!酒だ!いかした人生だ!!

    PREV | PAGE-SELECT | NEXT

    ≫ EDIT

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    | スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

    ≫ EDIT

    エスポワールシチーの圧勝劇と2ならびの思い出

    昨日、東京競馬場で行われたフェブラリーステークス
    エスポワールシチーの圧勝劇で終わりましたね。
    このメンバーなら力は上と思ってましたが予想以上の強さでした。

    エスポ記事

    僕の予想。二番手、三番手に推奨した馬たち全然ダメでした。お恥ずかしい。
    芝からダートへの挑戦が吉と出ると思ったのですが、
    終わってみれば上位に来た馬は皆ダートのG1馬たち。
    やはりモチはモチ屋ですかね。僕もまだまだ甘いです。

    さて、勝ったエスポワールシチーは、まだ流動的らしいですが、
    このあとドバイワールドカップに挑戦という話もあるそうです。


    エスポワールシチーの父親はゴールドアリュール
    僕の大好きな馬の一頭でした。


    「屋根裏の秘密基地」にパネルが飾ってあります。

    アリュールパネル


    ゴールドアリュールも03年にフェブラリーステークスを制した後、
    (そういえばフェブラリー親子制覇ですね)
    アリュール記事

    ドバイワールドカップに挑戦する予定だったのですが、
    当時のイラク戦争の影響で渡航出来なくなってしまいました。

    ぜひ父が叶わなかったドバイ挑戦を、
    エスポワールシチーにしてほしいと思います。


    過去を振り返ってみると、
    アグネスデジタルアドマイヤドンカネヒキリヴァーミリアンなど、
    フェブラリーSを勝利したダートの猛者がドバイに行きましたが、
    結果が伴わなかったという事実もあります。

    もちろん海外遠征ですから、いろんなリスクもありますし、
    エスポワールの力が通用するかどうかはわかりません。
    それでも、ぜひとも挑戦してほしい。
    あのスピードは相当な武器。ドバイでも通用する可能性大です。
    そして鞍上は佐藤哲騎手で行ってほしい。

    最近の日本馬の海外遠征、外人に騎乗依頼する事が多いですが、
    やっぱり盛り上がりにかけますよ。
    是非、日本人騎手で挑戦してほしいですね。

    頑張れニッポン。


    そう言えば今日は、平成22年2月22日ですね。
    競馬で「2ならび」っていうと、
    89年のジャパンカップを思い出しますね。もう20年以上前かぁ。
    最後の直線、ニュージーランドのホーリックスを猛追するオグリキャップ
    オグリがクビ差まで迫ったところがゴールでした。

    1着ホーリックス、2着オグリキャップは同タイムのレコード決着。
    あの時のタイムが当時の芝2400メートルの世界レコード2分22秒2
    しかもあの2頭が入っていたは枠は2枠でした。
    懐かしい~。
    スポンサーサイト

    | 競馬 | 10:01 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

    COMMENT















    非公開コメント

    TRACKBACK URL

    http://kidzz.blog100.fc2.com/tb.php/18-7f93703e

    TRACKBACK

    PREV | PAGE-SELECT | NEXT

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。