FC2ブログ

    自由の女神の足の裏

    ロックだ!競馬だ!旅だ!映画だ!酒だ!いかした人生だ!!

    PREV | PAGE-SELECT | NEXT

    ≫ EDIT

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    | スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

    ≫ EDIT

    そもそもダービーって?

    今週末はG1レースがないので予想もしないでのんびり。
    来週から怒濤のG1レース6週連チャン。たいへんだ。

    さて、間もなく5月。
    5月の最後の日曜日は、競馬の祭典日本ダービーがあります。

    ちなみにアメリカのケンタッキーダービーは5月の第一土曜。
    そして本場イギリスのエプソムダービーは6月の第一土曜。

    「ところで、このダービーってそもそも何?」
    競馬まったく知らない人がたまにそんなコト言います。

    前に、「競馬」を英語で言うと「ダービー」だ、
    と思ってるとんでもない輩もいました。オイオイ・・・


    そんなわけで今日は軽くダービー講座を。

    時は遡ります。
    1779年のイギリス。ロンドンの郊外エプソムという所に、
    12代目のダービー伯爵(エドワード・スミス=スタンリー)という
    お偉い方がいました。↓この人

    edwardsmith.jpg

    で、ある時この方が、
    奥さんの誕生日だったか結婚記念日だったか(忘れた)を記念し
    「3歳牝馬のレースをやろう!」と、レースを開催しました。

    レースの名前は屋敷にあった大きな樫(オーク)の木にちなんで
    オークスと名付けられました。

    それがとても評判で皆の注目も浴び、とても盛り上がったのです。

    そこで今度は3歳牡馬のレースもやろう!というコトになりました。
    ダービー卿(エドワード)は友人バンベリー男爵に相談しました。
    彼はジョッキークラブ(日本のJRAみたいなもの)の重鎮。

    その2人にエドワードの叔父バーゴイン将軍(ダービー家の人)を
    加えた3人で牡馬のレースを開催することを決めました。

    さてそこで、レース名

    ダービー卿は「レース名はバンベリーにしましょう!」
    バンベリー卿は「いやいやダービーにしよう!」と譲りません。
    実はロンドンの片田舎でやるレースに家の名が付くのを恥じたという説。

    じゃあクジで。ってことで、世紀のコイントス。 
    結果、めでたくレース名はダービーになったのです。

    そして1780年5月4日、記念すべき、
    第1回ダービーステークス(通称エプソムダービー)が開催されました。

    これが大評判。馬に携わる者たちは、こぞってこのレースに自分の馬を
    出走させたがりました。そして優勝を望みました。

    derby.jpg

    いつの間にか、ダービーというレースは、馬主、生産者、騎手、調教師etc
    すべてのホースマンが憧れ、夢見る舞台になったのです。

    以前も言いましたけど、かつてイギリスの首相チャーチルが
    「ダービー馬のオーナーになるのは、一国の首相になるよりも難しい」
    と言ったほどのものなのです。


    で、その後、各国でも自国のダービーが開催されるようになりました。
    アイルランド、フランス、ドイツ、イタリア・・・
    そして1875年には、アメリカでケンタッキーダービーが始まります。

    それから遅れること数十年、我が国ニッポン。
    東京競馬倶楽部(今のJRA)会長だった安田伊左衛門さんが、
    「ダービーを日本でもやろうぜい!」と開催することにしたのです。
    安田記念の名前になった人ね。銅像が東京競馬場にあります。

    で、1932年(昭和7年)4月24日、今は無き目黒競馬場において
    第1回東京優駿大競争(日本ダービー)が行われたのでした。

    wakataka.jpg
    第1回優勝馬ワカタカ


    ちなみに野球のハーラーダービーやホームランダービー、サッカー等の●●ダービーは、
    別の語源です。地名(イギリスの「ダービー市」)から。



    ロジ
    昨年勝ったロジユニヴァース

    時は2010年。今回で第77回目を数える日本ダービー。
    今年はどの馬が栄光のダービー馬になるのでしょうか。

    3年前、2007年に日本で生まれたサラブレッドは約7500頭。
    その中で今回ダービーに出走出来るのはわずか18頭。
    このレースに出てくる馬たちには、数え切れないほどの
    人々の努力や思い、夢や希望が詰まってるんです。

    だからいいんです。馬券ははずれても。いいレースが見れれば。
    ただ、当たった方がいいです。
    そりゃそうです。
    スポンサーサイト

    | 競馬 | 01:12 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

    COMMENT

    なんと、ダービーって200年以上も歴史があったんですね!
    安田記念もそんなに古い歴史が!
    もっと新しいものかと思ってました^^;
    勉強になりました^^

    | にゃあも | 2010/04/25 10:26 | URL |

    にゃあもさん

    こんにちは。
    いつもありがとうございます。
    コレはあんまり勉強しない方がいいです。
    ちょっとダメな大人になります(笑)

    | manoji | 2010/04/26 11:17 | URL |















    非公開コメント

    TRACKBACK URL

    http://kidzz.blog100.fc2.com/tb.php/49-9396eced

    TRACKBACK

    PREV | PAGE-SELECT | NEXT

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。